フィンペシアの効果をミノキシジルでブーストさせよう!

フィンペシアの効果をミノキシジルでブーストさせよう!

「フィンペシアで抜け毛は減ったけど、髪の毛はなかなか増えない・・」
「できるだけ早く発毛させたい!髪の毛を増やしたい!」

と、薄毛に悩む男性は一刻でも早く毛量をアップさせたいところ。

そんな男性のためにオススメしたいのがミノキシジルという発毛剤。フィンペシアと併用すると、より早く発毛を実感できます。

ミノキシジルは外用薬と内服薬があります

ミノキシジルは元々、高血圧患者などの血管拡張剤として、開発されていた成分です。
のちに発毛効果が発見され、発毛剤として認可されています。
日本では頭皮に直接塗る外用薬の「ロゲイン」が有名です。

外用薬は、
・有効成分の行き渡りにバラつきが出てしまう
・かゆみや発疹が現れやすく、皮膚が弱い人は注意が必要

というデメリットも。しかし内服薬であれば、皮膚トラブルなども無く使用可能です。
内服薬は日本では未認可であるため、購入する場合は通販からになります。

ミノキシジルとフィンペシアで発毛効果が倍増!?

ミノキシジルとフィンペシアで発毛効果が倍増!?

ミノキシジルには以下の効果があります。

・頭皮の血行を体の中から促進
・毛乳頭細胞や毛母細胞へ、多くの栄養素や酵素を届ける

発毛を積極的に促すには、まずは頭皮の血行を良くしなければいけません。
血の巡りが悪いと、髪の毛を作りだし、成長させる器官である毛乳頭細胞や毛母細胞へ栄養が送られないのです。

できるだけ早く髪の毛を増やしたければ、

抜け毛を抑えてAGAの進行を阻止する(フィンペシア)
・頭皮の環境を良くし、発毛を促進する(ミノキシジル)

この二点を押さえる必要があります。

ある程度AGAが進行し、薄毛が目立ってきている場合、フィンペシアだけではなかなか毛量アップが実感できない人も少なくありません。

そんな人は、この二つを一緒に摂取して、発毛効果を促進させましょう。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルには以下の副作用があります。

・吐き気
・嘔吐
・頭痛
・めまい
・むくみ
・動悸

ミノキシジルを飲んでもしも体調に異変が現れた場合は、服用量を減らすか、薬を中断する、症状によっては医師の診察を受けてください。

ミノキシジルの服用方法

ミノキシジルは1日に5mg(錠剤によってグラム数が異なります)を水かぬるま湯で服用します。

服用のタイミングはフィンペシアと同様、決まりはありませんが、服用間隔を24時間に保つ事で、成分の血中濃度をキープでき効果が高まります。

フィンペシアと併用する場合は、忘れないように二つ一緒に飲みましょう。

服用から効果を実感するまでの期間

やはりミノキシジルも続ける事が大切です。

毛量の変化を実感するまでの期間には個人差はありますが、3か月~半年間は継続した方が良いでしょう。
育毛・発毛効果が十分に感じられるようになれば、服用量を減らす、やめる事ができます。

ミノキシジルは通販で購入

ミノキシジルは上でも少し触れていますが、日本で認可されているのは外用薬のみ。
外用薬はドラッグストアでも購入できますが、内服薬は当然取り扱いがありません。
一部のAGAクリニックではミノキシジルの内服薬を処方してくれるところもあるようですが、保険適応外であるため高額で、かつ取り扱っているところが少ないのも難点。

しかし通販であれば低価格で、しかも自分の好きなタイミングで購入できます。

ミノキシジルタブレット(ロニテン)

ミノキシジルタブレットの画像

メーカー:TO Med

5mg × 100錠 ¥3,590
5mg × 200錠 ¥6,470
5mg × 300錠 ¥8,630

ミノキシジル・タブレット

ミノキシジル・タブレットの画像

メーカー:ロイドラボラトリーズ

2.5mg × 100錠 ¥3,390
2.5mg × 300錠 ¥6,990


PAGE TOP